OC(低用量経口避妊薬)

用語

低用量の服用タイプのピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれた薬を飲み続ける事で、排卵を抑制し 避妊OCは、HIV感染(エイズ)やクラミジアなどの性感染症は防げません。性感染症の予防にはコンドームの使用が重要です。 します。

正しい服用をしていれば高い避妊効果が得られ確率的にはコンドームよりも避妊効果が高くなっています。
しかし、残念ながら日本では OC(低用量ピル)OC(oral contraceptives)とは、低用量経口避妊薬のことです。低用量ピルとも呼ばれています。毎日、1錠のむことで避妊効果が期待できます。 の利用率は、欧米諸国に比べ格段に低いのが現状です。
まず、OCについての正しい知識を知ることから始めましょう。

経口避妊薬は1960年にアメリカで初めて発売されました。当時はホルモン量の多い高用量ピルが使われていたため 副作用OCの服用によって、子宮頸がんのリスクが少し高くなるといわれています。一方、子宮体がんや卵巣がんのリスクは低下するという報告があります。乳がんに関してはリスクが少し高くなるという報告と、少し低下するという両方の報告があります。 が高くなっていました。

未だに情報がアップデートされない女性もいるようでお薬での避妊は 副作用体重への影響はほとんどありません。昔のタイプと違い、現在使われているOCではそのようなことはありません。 が強いなど、怖いというイメージをお持ちの人が少なくないようです。

現在ではホルモン量を減らした中用量、1970年以降はOC(低用量ピル)OC(oral contraceptives)とは、低用量経口避妊薬のことです。低用量ピルとも呼ばれています。毎日、1錠のむことで避妊効果が期待できます。へと改良されました。

日本で使用できるのは、低用量ピル(OC)です。

※OC(低用量経口避妊薬)は一般に低用量ピルとも呼ばれています。

OCはドラッグストアーなどでは取り扱いができず、婦人科などの病院・診療所で処方か海外ネット通販のみで入手が可能です。

powered by 三越屋-個人輸入代行

コメント

タイトルとURLをコピーしました