ネット通販アイピルの利点(値段、プライバシー、便利)

アイピルを通販購入する事での利点はやはり費用ではないでしょうか。 コンドームコンドームは破損や脱落、装着ミスに注意。性感染症の予防法と考えるべきだがコンドームで予防できない性感染症もある。 での避妊方法がはやはり一番コスパが高いのですが、それでも コンドームコンドームは破損や脱落、装着ミスに注意。性感染症の予防法と考えるべきだがコンドームで予防できない性感染症もある。 避妊を失敗する事もあります。

アイピルのようなアフターピル精子が膣内に入ってしまった場合でも避妊が出来るお薬です。 ですと避妊を失敗した事後でも対処できるアイピル通販ならば、1錠1,000円前後で購入できると思います。

「望まない妊娠」の一番の失敗は、避妊を失敗した可能性があるのに、「大丈夫!」と根拠のない言い訳をする事ではないでしょうか。

もちろん、アイピルも100%の避妊率ではありませんが、適切に利用できればストレスがない日常が遅れるはずです。

アイピルは通販購入が出来るのが最大の利点

アイピルは病院で処方されるアフターピル精子が膣内に入ってしまった場合でも避妊が出来るお薬です。 と同じ成分、効果の製品がネット通販で購入が出来るのが最大の利点といえます。しかも、病院よりもかなり安価です。

女性だけに限らず男性もご自身の責任として、まだ社会的に準備ができてなければ1つ購入しておくことをお勧め致します。

しっかりとした医薬品メーカー製ですので、避妊を失敗した場合、可能性がある場合に、万が一のために女性に服用を進めても良いはずです。

流石に相手の女性に婦人科にいってアフターピル精子が膣内に入ってしまった場合でも避妊が出来るお薬です。 を貰って来てというのは気が引けるし、かと言って一緒に婦人科に行ける度胸のある男性はそうそう居ないのではないでしょうか。

アフターピル精子が膣内に入ってしまった場合でも避妊が出来るお薬です。 は強制的に生理を来させるので、副作用が起きる可能性もあります。
アイピルの服用後はしっかりと相手の女性を気遣い、出来る限り一緒に過ごしてあげたり、離れても小まめに連絡をしてあげるなど、しつこい位してあげれば、二人の関係に支障をきたす事は無いはずです。

それよりも、実際に妊娠した場合に責任(社会的、経済的)が取れなかったり、アタフタとする事の方が男性としては大きな問題となるでしょう。

とにかく、重要な点は、相手の女性の事をしっかりと気遣いをしてあげる事です。

アイピル(アフターピル)は誰にもバレずに買える?未成年は?

誰にもバレずに買える?未成年は?

アフターピルを入手方法としては病院での処方か通販での購入の2択になるようです。どちらを選択しても問題はありませんがプライバシーを気にされる人は注意したい点があります。

<通販購入の場合>
少なくとも通販での購入は身元の確認はされませんのでバレる事は無いでしょうが、問題としては配送時に自宅に届けられますので、「郵便局留め」が利用できる通販サイトを利用する必要はあります。これならば身内に知られる事もなく受け取る事ができます。

<病院処方の場合>
病院に関しては保険を使用すると「受診履歴」がご自宅に郵送されますので、郵送物を開封されれば他人にバレる可能性はあります。ですが、アフターピルに関しては保険が使用できませんので、履歴が残る事は無いでしょう。

しかし、高校生や未成年の場合は病院によっては保護者の同意が必要な場合があります。
健全な病院やクリニックならばトラブル防止にために保護者の同意書を求められるでしょう。

アイピル(アフターピル)を速達(即日配送)で購入

アイピルは海外の大手医薬メーカー製 「ピラマル・ヘルスケア」 のアフターピルで、世界中に愛用者がいて、しかも安価に入手が出来ます。

海外通販での購入となるので、一般的に配達は数週間かかります。このコロナ禍ですと飛行機便が少なくなっているため2,3か月かかる場合もあるようです。

この中で少ないながら「速達(即日配送)」を行っているサイトもあるようです。
実際、国際郵便でも高速便がありますので、特に特殊ではありません。

例えば、探した中では「速達」は別途追加費用が必要なようですが取扱いがあるようです。

詳細は問い合わせが必要なようです。

クリニックでもアイピルが処方される信頼性

アイピルはクリニック処方も可能

この通販用で販売されているアイピルですが、実はクリニックでもアイピル処方をするところもあります。緊急避妊薬の処方は「保険が使用できない」事もあり、国内のジェネリックでも医療費が非常に高額になる傾向がある事もあり、良心的なクリニックでは海外ジェネリックのアイピルを患者に選択させる事もあるようです。

このように海外ジェネリックでも、効果は同じなのでクリニックによっては、できるだけ経済的に利用してもらえるように努力しているクリニックがあるのも事実です。

アイピルなどの海外ジェネリックは個人での輸入は自由にできますが、病院やマツキヨなどのドラッグストアドラッグストアで購入出来るお薬は弱い効能、効果に抑えられているので、副作用の心配が凄く低くなっています。 が海外からアイピルを輸入しようとすると、営利目的となり手続きが煩雑になるようです。

同時に本来は安価なはずな正規ジェネリックのアイピルもクリニック処方だと医療保険も使えない為に高額になってしまう事情があります。

クリニック処方ですと1箱、2,3万円位の費用となってしまうので、 手軽に「失敗したも、、、」と言う時に手軽に避妊薬の使用は躊躇してしまうのではないでしょうか。

アイピル通販は病院に行く手間などを考えても非常に手軽なので、是非、医薬品の個人輸入の制度を有効に利用して頂きたいです。

アイピルの製造会社はこんなに安心

アイピルを製造している会社は「ピラマル・ヘルスケア(Piramal Healthcare)」です。

アイピルは国産ではなく、しかもインドメーカーという点で心配される人も少なく無いでしょう。インド旅行や噂を聞いたことがある人は衛生面について特に気にされるかもしれないです。

そもそもの副作用ではなく汚れたガンジス川の水を使って製造してるのではないか?
などと、、インドの製薬会社について知っている人からすれば笑い話となりかねませんね。

規模としては日本の大手の製薬会社に引けを取らないのではないでしょうか。

ピラマル・ヘルスケアの工場

アイピルを製造している工場は南国地帯

アイピルの工場は22エーカーの規模

工場は22エーカーの規模ですので、東京ドームが12エーカーですので約2倍の大きさです。

欧米の品質水準に合わせた管理体制で製造されています。

アイピルだけでなくインド製の医薬品は海外向けも多数ありますので欧米の品質水準に合わせた管理体制で製造されています。

もちろん、日本同様に管理上の問題が起きてニュースとなる事もありますが、その点は ピラマル・ヘルスケア も株式会社ですので外部監視がしっかりしているので安心できるのではないでしょうか。

欧米の品質水準に合わせた管理体制2

インド製だからポリバケツに薬剤を入れて、手作業で混ぜているのを想像しましたか?

国内の医薬メーカーは安価なインドジェネリック品が大きな脅威となっているので、ネガティブ広告を出されています。

確かに20年前はインド製薬会社はダメだったかもしれませんが、現在は少なくとも「 ピラマル・ヘルスケア 」規模の製薬メーカーならば安心です。

アイピルはクリニック処方も可能

powered by 三越屋-個人輸入代行

< 関連記事情報 >

アイピルで避妊

アフターピルはジェネリック版アイピル



アイピルで避妊

アフターピルは海外発・高額な国内版を選択する理由無し



アイピルは無料で入手

日本はアフターピルの後進国



アイピル副作用や期限切れ

アフターピルは使い方さえ抑えれば通販でも安全



ノルレボとアイピルの違い

世界共通のアフターピル成分がレボノルゲストレルで安全な避妊を!



アイピル副作用

アフターピルは時間との勝負!低い可能性の副作用と妊娠


アイピル(アフターピル)の通販・避妊
タイトルとURLをコピーしました