ノルレボとアイピルの違い

アフターピルの病院処方ですと「ノルレボ錠」「レボノルゲストレル錠」が処方されるかと思います。ですが、中にはアイピルなどの海外ジェネリック製品が処方される事もあるようです。

ノルレボとアイピルの違い

アイピルとノルレボはどのように違うの?

アイピルの成分は「レボノルゲストレル」が1.5mgで構成されており、 「ノルレボ錠」「レボノルゲストレル錠」 と同じお薬になります。

ですので絶対に効果は同じなはずです。

よく海外旅行に行くと、海外のお薬は効果が強すぎるとか、全然効かないなどの体験をしたり聞いたことがあるかもしれません。
同じ成分なのに効果が違う事はありません。可能性としては異なる成分や成分量の違いとなります。

お薬として国から承認され販売されているのですから許可せれていない成分を使用すれば違法ですからね。

国内処方のアフターピルもアイピルも成分の 「レボノルゲストレル」が1.5mgが1錠に配合されています。

異なる点としては、製造メーカーやお薬成分を錠剤として固める方法と効果には直接関係がない所になります。つまり、 アイピルとノルレボ 錠も効果の面では「全く同じお薬」です。

ノルレボと他のアフターピルの違い

現在、一般的に安全に使用される緊急避妊方法は3種類とされています。一般的なノルレボと他のアフターピルの違いとしては避妊率と費用になります。

安全性に関しては医薬品として承認されいる訳ですから効果と安全が十分に確認されているはずです。

ヤッペ法

ホルモン配合剤(卵胞ホルモン+黄体ホルモン)を内服する方法で、歴史的には昔から利用されてきた避妊方法です。
ですが、アイピルと比較しても避妊成功率が低い事からも薬代が安いという事以外選択されるメリットはないとされています。

レボノルゲストレル法

こちらが現在では一般的でアイピルを初め海外ジェネリックでは多く流通しています。
特に日本では緊急避妊薬は保険適用外なので、お薬を購入する場合は2,3万円程度がかかりますが海外通販ですと、1,000円位から購入が可能です。

アイピルで緊急品

ウリプリスタール法

エラならば120時間以内でも高避妊率

こちらは日本国内では承認されておりません。ですが、緊急避妊薬の中で一番効果が高いとされています。服用から24時間以内ですと、避妊効果には違いはありませんが、72時間を超えたあたりから避妊率について大きな違いがでるようです。

タイトルとURLをコピーしました