アイピルは無料で入手ができる

アイピルなどの避妊薬は実は海外では無料で入手出来たりする国が多くあります。少子高齢化の中では出生率を高めたいものですが、それでも、望まない妊娠、望まれない子供による負担は大きなものになるはずです。
このように国策として避妊薬を無料で配布していたり、無料でなくとも手軽に入手できるようマツキヨ等のドラックストアでも手軽に、そして安価に購入ができるなどとなっています。
日本では、必ず処方箋が必要であったり、そのため高額医療となっていますが、回避方法としては海外医薬品の個人輸入も知られています。

アイピルは保険証が不要

アイピルに限らず緊急避妊に関しては保険が適用できません。つまり、実費払いとなるので、1回分のアイピルを処方してもらうだけで、2,3万円の出費は必要になります。
実際、アイピルは1,000円程度で購入できるお薬ですが、病院で診察を受けると数万円に医療費となってしまいます。
個人輸入を見れば分かりますが、1箱千円強で購入できるのが分かると思います。

海外のお薬は日本と比べると凄く安いです。これは、海外では日本のように医療制度が充実しておらず、気軽に病院に行くは経済的に難しい人が多くいます。
日本ですと3割負担などと低額に高い医療を受ける事ができます。
また、これは同時にジェネリックの普及が進まなく、医薬メーカーは多くの利益を得てきたが、薄毛治療(AGA)、ED治療(勃起不全)なども医療が使えない分類となっています。

アフターピルの効果を知ってますか?

毎日服用する必要はなく、避妊失敗時に1錠!稀に副作用が出る可能性もありますが、それよりも妊娠してしまった場合のリスクが大きすぎまので、
大した事はないのが一般的です。
吐き気などの副作用が稀にでるようですが、時間経過で回復しますので、安心ください。
緊急避妊法(Emergency Contraceptive:EC)とは、あなたがコンドームを使用せずに性交したり、着用したにも関わらず事故の発生で精子が膣内に入ってしまった
可能性がある時など、不適切に避妊であった場合に事後的に緊急避難的に用いる方法です。
望まない妊娠を防ぐ手段として緊急避妊がありますが100%ではありません。性交後にとられる手段であることから『アフターピル』、『モーニングアフターピル』とも一般的に呼ばれています。

アフターピルは普及が遅れている

アイピルは海外では長年多くの人に利用され続けている緊急避妊薬ですが、日本では比較的に遅く承認されている避妊薬です。理由は分かりませんが、海外ではドラッグストアなどでも手軽に購入できる位、手軽に入手ができるお薬です。風邪薬などと同レベルで取り扱いがされています。
海外ではレイプなどの被害を負う女性が多い事もあり、速やかに入手が出来る必要があるので、このような容易にアクセスできる取扱いなのかもしれません。

どちらにしても「緊急性」が高いお薬なのでから、もっと容易に入手ができる必要はありますね。

気分に流されてコンドームを使用しなかった!

ついつい、気持ちが高ぶってゴムの使用をせずに性交渉をしてしまった場合など、事後で凄く妊娠してしまったのではないか?と心配が急に襲ってくることはないでしょうか?
これは男女とも同様です。
男性視点ですと、ちょっと中ででてしまったような気がする。などもあるようですが、少量だから大丈夫!などと根拠がなく自分に言い聞かせて、安心してないでしょうか。
女性視点ですと、ゴムせずに行為をしてが、彼が終わる時に何か様子が変だった。お腹の上に出てなかった、、、などなど。

アイピルは排卵を遅らせ、子宮内膜を変化

アイピルの避妊効果は100%では無いですが、それでも24時間以内に飲んでいれば、99%と避妊効果が高いものとなっています。
通常、避妊に失敗してもなかなか妊娠するモノでもないですが、それでも一度妊娠をしてしまえば、中絶手術などのが必要になります。
アイピルは服用をすれば、排卵の時期を遅らせたり、妊娠に必要な子宮内膜を厚くなるなどを抑える働きがあるので、どうしても一時的に身体の不調は起きがちですが、中絶手術を
するよりは何倍も体には優しいお薬なはずです。
とにかくは早く飲めば飲むほど効果が高いのがアイピルです。

アイピルがクリニックで購入できない事

アイピルはクリニックによっては、処方してくれる事もあります。このような選択肢を準備しているクリニックは患者視点でジェネリックの中でも更に安価に提供できるように努力をしているクリニックです。
実際のところ、アイピルは個人輸入では簡単に入手が出来ますが、クリニックがアイピルを入手するには多くの手続きがあり、面倒な方法となっています。
それでも少しでも安く同効果の緊急避妊薬を提供したい良心的なクリニックならば、アイピルがあるかもしれません。

中だしが気持ちいい理由

アイピル飲んでも避妊は必要

男性が中だしを気持ちいい理由が分かれば、アイピルなどの緊急避妊薬の重要性が、もっと良く分かるはずです。特に男性はゴムをつけないセックスには欲求を満たす要素があります。

男性の要求を断る自信がない人はアイピルなどの緊急品薬は常備しておきたいですね。

理由1:支配欲が満たせる

「俺の彼女」などと束縛や独占欲が強い人ほど、このような傾向があるようですね。
女性として愛さされている事の体現でもあるので喜ばしい事ではありますが、「自分のモノにする」という事で更に興奮してしまうのでしょうね。
ですので、セックスの最中に自己を抑えられず、中だしをしてしまうという「事故?」も起こり得ます。

理由2:受け入れてもらった気分

支配欲と同じではありますが、自分を許してもらった。子供が出来ても「あたなとならば」と受け入れてもらった。
など、自分を受け入れてくれる愛情を感じたいので、ゴムをつけないで行為に及ぶようです。
言い方を変えれば、「愛してるんだったら生で!」という事をいってくる男性もいたのではないでしょうか?
また、あなたは、自分の支配欲を満たすために、そのような言い回しをしてたりしないでしょうか?

理由3:動物的な本能

行きつくところは「受精させたい」という動物的な「子孫を残す(繁殖欲)」が起因しているのでしょう。
支配欲にしても、気持ちいいと感じるのも、この欲求が、そのように脳に感じさせているのですからでしょう。

そもそも、性行為は妊娠させる子孫を残す、繁殖欲を満たすための欲求ですから、やはり「事故」は起こるして起きます。
女性としても受精をしたい時期もあるようです。

一時の欲求の元に「事故」起きるのですから、アイピルで事故を無かった事に出来る準備は男女ともに必要では無いでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました